VITA In-ceram ZIRCONIA(ジルコニア)の登場
PFSハイブリッドタイプ超硬質レジン
 Panasonic社 C-Pro Systemとは?
ジルコニア用陶材「ヴィンテージZR」登場!
最新、最強の歯科用ジルコニア/アルミナ複合型
セラミックス材料『ナノジルコニア』とは?(Part 1)
最新、最強の歯科用ジルコニア/アルミナ複合型
セラミックス材料『ナノジルコニア』とは?(Part 2)

HOMEへ


★最新、最強の歯科用ジルコニア/アルミナ複合型セラミックス材料
『ナノジルコニア』とは?(Part 1)

        ★パナソニック、大阪大学の開発による最新、最強の歯科用ジルコニア/アルミナ複合型
          セラミックス材料『ナノジルコニア』がチューリッヒ大学の理工学試験を通過し、ヨーロッパ
          における『CE』マークを取得した。

        ★これにより、弊社「デンタル・ラボア・グロース」のドイツ姉妹提携ラボである「DENTHETICK
          LINGWEILER」での臨床試験が開始されることになった。


「ナノジルコニアの特性と用途展開」               「各社歯科用コアー材料強度比較」



「酸化アルミナを双方向に複合化することによって、セリア系ジルコニア
の破壊靱性を莫大に飛躍させた。」



     ●ジルコニア粒の中にはナノサイズの酸化アルミナ粒子が、さらに酸化アルミナ
      粒の中にはナノサイズのジルコニア粒子が取り込まれ複合化している。通常の
      粒界では不純物が混入されやすく、強度を低下させる原因となっていまうが、
      この材料の特性の1つでもある『サブ粒界』では不純物がなく粒界が極めて
      強くなる。

     ●これによって、この新材料は下記に示す様に信じられないほどの
     「高い曲げ強さ」と超硬合金にも勝る極めて「強固な破壊靭性値」を
     有するものとなった。



●左図より、「曲げ強度」は高純度酸化アルミナと比較して非常に高いことが
 確認できる。
●右図からは、「破壊靱性値」が凡用ジルコニア(イットリア系ジルコニア)
 の3倍、超硬合金の1,3倍と莫大な値を示した。




「*上表は新素材『ナノジルコニア』の物理的特性を示す」

     ●ビッカース硬さは他の試験片よりも小さいことから、手作業による切削作業
      が容易である。曲げ強度と破壊靭性については非常に大きく、特に破壊靭性
      においては、他の試験片の3倍以上とこれまでのセラミックス材の弱点で
      あった「衝撃に莫大に強い性質」を有するのである。

     ★我が国では、開発者であるパナソニック・エレクトロニクス「名和博士」
      鹿児島大学大学院「伴教授」との共同研究により、歯科用オールセラミックス
      コアー用セラミックスとしての実用化を図っている。


ジルコニア用陶材「ヴィンテージZR」に関する情報は
こちらから→松風社ホームページ

『歯科インプラント治療についての情報サイト』はこちらから→気になる医学@歯科インプラント



このカテゴリのトップへ  HOMEへ