マイスターとは...?
マイスター称号取得日記 その1
マイスター称号取得日記 その2
ドイツの徒弟制度
HOMEへ


本場ドイツマイスターとは...?
Der Meister in Deutschland

 ドイツではマイスター制度というものが存在します。

 ここではまず、『その道のプロ』として職人(ゲゼレ)の国家資格を取得し、さらにその分野で十分な経験を積み、一流の技術を磨くことはもちろん、一方では『その道の後身の指導』を行います。これは今を遡るまだヨーロッパが十字軍遠征を行っている頃、早くも11世紀後半から続いている伝統なのです。

 また、一般教養では財務、簿記などマネージメント一般から経済学、社会法律学、法律学(民法、商法、労働法etc.)、そして職業上の教育学に至るまでを学び、さらにその道の手工業のトップを目指し、一生に3回だけ受験することができる『マイスター試験』があります。

 その厳しい試験に合格し、『マイスター称号』を取得し、斯界の手工業の親方として始めて、開業する権利を得る事ができるのです。

 さて、日本医療の礎えでもあるドイツの歯科界の中で、歯科技工士は医療職のマイスター制度の範疇に数えられ、公式文書では博士号の『Dr.』などと同じく略して『Ztm.』[Zahntechinikermeister(ドイツ語で歯科技工士の意味)]を冠名として表すことが義務付けられています。

この日本で唯一そのマイスター称号を持つ歯科技工士が弊社『(有)デンタル・ラボア・グロース』の代表取締役 『マイスター大畠』です。

PAGE 1(ガテンより)
マイスター称号取得方法
ドイツ歯科技工士マイスター試験内容


  ドイツの数々のTV(ドイツ国営放送:ZDF,WDRなど)、新聞、およびドイツや日本の一般誌や医歯薬出版社、QDT Japan社「上図左上:今月の人」など専門誌上に取り挙げられた。

 またマイスター証書授与式では、全手工業種94種2,200名の新マイスターの中から、年間最優秀マイスターとして表賞され、本国でもガテンやアエラ、世界日報などで報じられた。





このカテゴリのトップへ  HOMEへ